YouTubeは子供に悪影響?時間制限など家庭でルールを決めて視聴しよう!

今の時代、スマホでYouTubeを子供に見せている親御さんは多いですよね。

私も子供にYouTubeを見せているその一人です。

普段からYouTubeを子供に見せていて、助けられてることがたくさんあります。

でも、世間では子供にYouTubeを見せるのは悪影響など結構言われてたりするんですよね!

子供にYouTubeを見せるのを、心配になっている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は子供がYouTubeを見る事のメリットとデメリットなどを調べてみました!

また、子供にYouTubeを見せるときにオススメの方法や、アプリの紹介もしますので参考にしてみて下さいね!

YouTubeを子供に見せるメリットとデメリット

子供にYouTubeを見せる事について結構意見が分かれますが、気軽に見せれるからこそ知っておきたいのがメリットとデメリットですよね!

そこで、YouTubeを子供に見せるメリットとデメリットを調べてみたので紹介します。

参考にしてみて下さいね!

メリット

●家事をしていて子供にかまってあげれない時に、子供に暇をさせない

日中掃除や洗濯、ご飯作りが忙しく子供に構ってあげれない時がありますよね。

働いているママなら尚更、家事もしないといけなくて忙しく大変だと思います。

そんな時に子供にYouTubeを見せると静かに見てくれて助かりますよね!

私も子供がYouTubeを見ている時間に、家事を終わらせることができて助かっています。

 

●英語や数字、色などを自然と覚える

YouTubeのチャンネルで、歌や色、数字、英語など音楽に合わせて楽しく学べるのがたくさんでています。

子供はその動画を気に入ると、繰り返し同じ動画を見たりするので自然と身についていたりするんですよね!

色々な知識を学べる動画は親としてもありがたいです。

 

●買い物中や待ち時間などジッとして欲しいときに見せると親が助かる。

子供との買い物って結構大変ですよね!

カートに乗ってくれない時に子供にYouTubeを見せると、おとなしくカートに乗ってくれてスムーズに買い物ができます。

また、飲食店の待ち時間や病院での待ち時間など、静かに待っていてくれない時に動画を見せるとジッとしてくれて助かります。

 

●機械に強くなる

今はデジタルの世界なので、iPadやスマホなど使いこなすのが当たり前の時代になりましたよね。

うちの娘はお兄ちゃんお姉ちゃんの影響で1歳3か月からiPadでYouTubeの見方を完璧にマスターしていました。

将来的には機械系は覚えてた方が良いですよね!

 

デメリット

●目が悪くなる

大人でも同じ画面をずっと見続けると目が疲れますよね。

スマホだとブルーライトが強くて子供の目にも良くないです。

ブルーライトの影響は睡眠にも関係してくるので寝る前などは子供に見せない事をオススメします。

また、スマホの設定でブルーライトの軽減も出来るので子供に見せる際には設定を変えてあげるのも良いと思います!

 

●中毒性がある

中毒性とか依存っていうとなんかYouTubeが悪いもののようですが、次から次と別な動画が出てくるのでやっぱり子供も見ちゃいますよね。

iPadやスマホを取り上げると泣き喚くお子さんもいます。

それだけ子供にとって魅力的なんでしょうが、YouTube以外にも何か別にハマれるものを親子で考えるのをオススメします!

 

●子供に不適切な動画も多い

大人向けの性的な動画やグロテスクな動画、悪質ないたずらなど子供に悪影響な動画かYouTubeには沢山あります。

変なことを覚えないように、子供がどんな動画を見ているのか親として把握することが大切です。

YouTubeもテレビも時間を決めて見せよう!

子供って、iPadやスマホを預けると何時間でも飽きることなく見続けますよね。

勉強もそのくらい真剣にやってくれるなら親として嬉しんですが(笑)

画面を長時間見るのって本当に目が悪くなっちゃうんですよ。

これは実際に私の息子が経験したのですが、当時幼稚園の年長さんの時にiPadでYouTubeを見せていました。

起きてすぐiPad、幼稚園から帰ってきてすぐiPadで、とにかくiPadのYouTubeばかり見ていて、何かのついでに眼科に行った時に仮性近視と言われ、治療する目薬を毎日さすことになってしまったんです。

それからiPadは時間を決めて見せるようにして、仮性近視の方も治りました。

なので、お子さんにテレビやYouTubeを見せる際には明るい場所で、時間を決めて見せる事をオススメします。

また、スマホやiPadの場合はタイマーを付けながら見せるのも、オススメです。

小さい子でも、アラームがなったら終わりと決めれば時計が分からなくても分かりますよね!

お家での約束をお子さんと決めてみて下さいね!

子供の安全を考えたアプリ「YouTube kids」が便利!

YouTubeのアプリだと、大人向けの動画や子供に不適切な動画があって子供が勝手に見てたりしたら大変ですよね。

今、普通のYouTubeのアプリの他にYouTube kidsというアプリがあるのを知っていますか?

このアプリはGoogleから出ていて、子供に向けて作られたYouTubeアプリなんです!

私はこのアプリでしか子供にYouTubeを見せてないのですが、このアプリかなりオススメします。

使い方と一緒に紹介していくので参考にしてみて下さいね!

使い方を紹介

まず、ダウンロードして、一番最初に保護者の生まれた年を西暦で登録し、次にお子さんの誕生日の登録をします。

お子さんの誕生日でその年齢に適した動画が表示されるようになります。

この右下のカギマークをタップすると

小さい子にはわからない問題がランダムに出てきます。

ここの画面からタイマーの設定やその他の設定も出来ます。

最大1時間までの設定ができます。

制限時間を超えると、自動でロックされるのは子供の長時間の視聴も防げて良いですよね!

オススメや、学べる動画、音楽など5つのジャンルで動画を選ぶことが出来ます。

子供に不適切な動画はブロックできるのも親として安心ですよね!

また、検索をする、しないの選択ができるのもポイントです。

このような感じで簡単にアプリを使うことが出来ます。

子供にも簡単に操作できるので、うちの子供達は自分の好きな動画を一人で選んで見ています。

外国の子供達の動画も豊富で、話している内容は分からなくても英語が身近になっています(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供にYouTubeを見せることについては賛否両論あるかもしれません。

しかし、私たち親がYouTubeを見せることによって助かってるのも事実なんですよね。

YouTubeを見せることによって子供が得れるものも沢山あります!

歌やダンス、英語など繰り返し見ていると自然と覚えてくるんですよね!

うちの子供達も英語の歌を覚えたり、YouTubeごっこをしたりと遊びの幅も広がったりしていましたよ。

また、YouTube kidsのアプリはお子さんにYouTubeを見せるときに本当にオススメなので、是非使ってみて下さい。

YouTubeの広告なども出てこないので、お子さんも気に入ってくれること間違いなしです!

一概に子供にYouTubeを見せるのはダメな事と決めつけず、そのご家庭でお子さんとルールを決めて見せましょう!